医療レーザー脱毛とは

スポンサードリンク

医療機関で行われているムダ毛の処理方法で、医療用のレーザーを使用し、黒い色素のみに集中する特殊なレーザー光線をムダ毛の毛根部に当てることにより、皮膚にダメージを与えることなく、毛根と毛包を焼灼し発毛をさせなくする方法です。

レーザー脱毛では主に、アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーが使用されています。これらのレーザーの波長は、毛包部のメラニンに反応しやすく、他の皮膚組織に影響が出にくいとう特徴を持っています。そのため他の皮膚組織にダメージを与えにくくなっています。但し日本人のような黄色人種の場合、表皮そのものにメラニンが含まれていますので、ルビーレーザーのような波長の短いレーザーはあまり向いていません。

電気針脱毛との一番の違いは、時間的に短時間で脱毛が行えるという点になります。電気針脱毛は毛穴一本一本に針を入れて脱毛していく為、大変な時間が必要ですが、レーザーの場合、一度に何本もの毛を処理することが出来るたので、ワキの下だけであれば数分で脱毛が可能です。

また、基本的にレーザー脱毛の場合毛を剃って処置します。それはつまり、毛を伸ばしていなくても脱毛が出来るという事になります。電気針脱毛では、脱毛する為に毛を伸ばしていなくてはなりませんでした。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2