平安時代から日本でも行われていた脱毛法

スポンサードリンク

日本では平安時代に貴族の女性達が、額の形を整えるために、余分な毛を抜いて眉墨ではなく、額墨で足りない部分をを書き足していました。江戸時代の遊女は、平べったい小さな軽石を二つ使い、陰毛を間に挟んでこすり切ったり、線香で焼いたりしていました。手足の毛の処理には、脱毛剤が使われていたことが、書物に記されています。脱毛剤は木の実から取った油、軽石を砕いて粉にしたものを混ぜたもので、これを手のひらで皮膚にすり込み、毛を磨耗させて切るというやり方。アフターケアは、うぐいすのフンをぬり、へちま水をつけていたようです。

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.007-2